山と海と風と空、そして島に住む女性たちの輝く日々をご紹介します。
top プロジェクト紹介 リンク お問合せ
場所から見つけに 人から見つけに
運営メンバー日記 小豆島ガールギャラリー

小豆島ガール日記

農ガール

ミモザの花

2012.03.16

ミモザのかわいい花が咲くと春の訪れを感じます。

3月16日のミモザの様子はこちら

西村農免道路沿い・・・あともう少しといった感じ。

オリーブ園の方はどうでしょう。

ミモザの木がたくさん並んでいます。

こちらもフワフワのかわいい花が見れるまであと少しですね。

ミモザの花言葉やイタリアでの素敵な贈り物についてはfullのブログにて

mocomama
posted by 小豆島ガール at 23:17 | 農ガール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ガール

花言葉は「豊かな感受性」「真実の愛」・・・

2012.03.10

突然ですが、問題です。

3月8日って何の日だったでしょうか?



正解は・・・ 「国際女性デー」

別名:『ミモザの日』と呼ばれています。

↓ミモザの花 (別名:ギンヨウアカシア)


日本ではまだあまり知られていませんがイタリアでは有名な日だそうです!

ミモザの花を男性から女性にプレゼントするのが習慣になっていて、
贈る相手は恋人だけではなく、友人や同僚、母親など女性全員が対象♪

そんな★ミモザ★小豆島にもあるんですよ。

数本植えられている場所もあれば、
西村農免道路やオリーブ園では数百本のミモザの木があります

↓今年はちょっと咲くのが遅いようですが・・・ (3月8日のミモザの様子)


もうすこしで黄色いフワフワのかわいい花が楽しめそうです!

日本でもミモザの花を贈る習慣がメジャーになったら素敵だなぁ♪

ちなみに、フランスでは2月中旬にミモザ祭が毎年開催されていて
ミモザの花で飾られた山車や子どもたちのパレードで街はミモザ一色になるそうです。

世界の花祭りにも行ってみたい・・・。

full
posted by 小豆島ガール at 00:00 | 農ガール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ガール

寒い日のオリーブ

2012.02.09


毎日寒い日が続きますね。
インフルエンザや風邪がはやっていますが、皆様は元気にお過ごしでしょうか?

さて、こんな日に身が縮こまるのは私だけじゃないはず。
一緒にすると怒られそうですが、オリーブも今は寒さを堪えてじっとしています。

実際に見ていても、あまり変化がないかのように思えます。
秋のオリーブ収穫も終わって、樹に残ったのは葉っぱのみ。
オリーブの樹も虫も草もじーっとしていて、さほど手がかかりません。


こんな今は堆肥を与えて土を柔らかくしたり、開墾したり、販売に力を注いでいます。
今剪定をするという農家さんもいれば、寒い時に剪定すると樹が凍えて弱るのでまだやらないという農家さんもいます。

堆肥の材料は鶏糞や牛糞、はたまたオリーブの剪定枝や刈草。
堆肥をあげると、土が柔らかくなります。
開墾としても、今は虫が出てこない上に、動いて暑くなることを考えるとちょうどいい時期です。

オリーブオイルとしても秋に収穫したばかりの新鮮なオイルが出回っています。
生産者としても、品質が一番いい今買ってもらいたいので販売に力が入ります。
その他、「香川県オリーブ品評会」を行って審査員らが香川県のオリーブオイルを審査したり、「オリーブ園地品評会」も行って優秀なオリーブ畑を選ぶのも今の時期ならではです。


日々は穏やかですが、葉でをかじるとポーカーフェイスかとつっこみたくなるくらいに苦いのです。今の葉は、1年の中で一番ポリフェノールが含まれていると言われています。なんだか体に効いていそうな気がしますが、一瞬で満足した気になって思わず出してしまいます。
※はっぱをかじる時は、無農薬の葉か、口に含むことがが許可された農薬のみを使用した葉をかじってみてください。

ちなみに、今は国内外のできたてオリーブオイルが出回り出しています。
果実のジュースだとわかる爽やかなオイルは格別なおいしさ!
皆様もぜひいつもの食卓に取り入れてみてください。

kelly
posted by 小豆島ガール at 18:03 | 農ガール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ

お問合せ
小豆島ガール運営メンバー(オリーブナビ小豆島内) 個人情報の保護について
電話:0879-82-7117 / Mail:info@shimagirl.jp

©2011 Shodoshima Girl Project.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。